■ 麒麟児茶会 ■

<敬称略>

発 足
平成27年
(2015)

戻る

 近代を代表する茶人・故森川勘一郎(如春庵)氏の別邸「田舎家」を名古屋市博物館の敷地内に再現するための寄付を募るため、県下茶道関係者が集まり、森川邸田舎家再現実行委員会が発足。平成27年2月28日と3月1日に名古屋市中区錦のSMBCパーク栄で茶会(千人茶会)が開催され、令和元年十一月まで一般社団法人あいち伝統文化推進の会主催による『森川邸田舎家再現寄付金付き〜名古屋千人茶会』が再現予定地である名古屋市博物館で9回開催されている。
 それと並行して如春庵を顕彰し、寄付金を調達する「三日月茶会」が発足。その第1回茶会が27年3月3日に一宮市大和町苅安賀の森川家本邸である国の登録文化財「森川邸住宅」で開かれた。以後年4回〜5回、茶会を催し活動を続け、平成30年から森川邸茶会と名称変更し、2019(令和元)年11月16日で森川邸茶会としては終了。
 令和2年からは更に発展させた麒麟児茶会(森川如春庵顕彰茶会)として開催予定。

予定表(定例茶会)

 回数 月日 名称 流 派  席 主 会場  備考
令和2 11/29 麒麟児茶会 表千家 岡田宗康 一宮市大和町苅安賀
森川邸 
 
5/31 裏千家 神谷宗チョウ 名古屋城猿面茶席 名古屋お茶会協賛
スタンプラリー参加
(中止)3/8 松尾流 加藤 宗桂  一宮市大和町苅安賀
森川邸 
 
 令和元年
(2019)

(最終)
 11/16 森川邸茶会 ながさか 永坂知足庵
27 初回 3/3 三日月茶会  尾州久田流  下村 瑞晃 

顕彰会特別茶会
月日 名称 流 派  席 主 会場  備考
令和2 10/18 柴山宗平氏 花と茶 柴山宗平 北区上飯田
料亭志ら玉
花展 茶席 点心席
8/3 薪能&茶 表千家 鹿島伊純 八ヶ岳身曾岐神社 宝生流宗家による薪能
御神殿にて茶会
バスツアーにて
5/10 古川美術館共催茶会 濃茶
表千家
野口裕記  為三郎記念館内茶室 名古屋お茶会協賛
スタンプラリー参加
薄茶
裏千家 
庄司宗文


↑ページトップへ