■ 若宮八幡会 ■

<敬称略>

代 表 常任理事 設 立
安井晴武庵   昭和29年
(1954)

戻る

  華道界の夏の風物詩として近くの神社境内において、夕涼みを兼ねた連夜いけばな会は名古屋市においては和風会と浪越会が昭和29(1954)年から始まり、最盛期には市内15ヶ所の会場に及んだが、平成19年から和風会と若宮八幡会の2ヶ所のみとなった。
 若宮八幡会は昭和42年に大須浪越神社から若宮八幡社に代わり、10年毎に記念花展、平成27年には50周年を迎える。
 なお、浪越神社時代から和風会と浪越会が親睦を図るため日帰り旅行、途中からは一泊旅行を楽しみ、若宮八幡会になった時、改名を検討したが、笑おう会を捩って、和浪会を継続し今日まで至っている。

和風会  夏期連夜会変遷  会員名簿

平成28年夏期連夜会日割表

 月  和風会 若宮八幡会
 7  14   日本生花司
松月堂古流 
15   千 秋 流
16   嗣 統 家
松月堂古流
17   松月堂古流
(小 島)
18 真 道 流 松月堂古流
19 花道家元
未 生 流
真 道 流
20 諸流雲水会 村 雲 流
21 諸流花心会 未 生 流
(小 川)
22 清 風 流 村雲御流
23 花    道
松月堂古流
司 源 流
24 松月堂古流 亀 井 家
松月堂古流
25 諸流睦会 八 代 流
(大 平)
26 千 秋 流 諸流花心会
27 日本生花道
松月堂古流
諸流雲水会
28 諸流花心会 八 代 流
(家 元)
29 諸流雲水会 花    道
松月堂古流
30 未 生 流
(大 橋)
日本生花司
松月堂古流 
31 真 道 流 千 秋 流
花道家元
未 生 流
嗣 統 家
松月堂古流
諸流雲水会 松月堂古流
(小 島)
諸流花心会 松月堂古流
清 風 流 真 道 流
花    道
松月堂古流
村 雲 流
松月堂古流 未 生 流
(小 川)
諸流睦会 村雲御流
千 秋 流 司 源 流
日本生花道
松月堂古流
亀 井 家
松月堂古流
10 諸流花心会 八 代 流
(大 平)
11 諸流雲水会 諸流花心会
12 未 生 流
(大 橋)
諸流雲水会
13 諸流雲水会 八 代 流
(家 元)
14 諸流雲水会 花    道
松月堂古流

 会員名簿
 (平成26年11月現在)

会員 役職 会・流派 氏名 住所 備考
代 表 諸流花心会 安井晴武庵 名東区文教台 和浪会代表
理事 日本生花司
松月堂古流
安福行月庵 東区泉 和浪会会計
花 道
松月堂古流
佐藤明山軒 昭和区西畑町 若宮会総務
司源流 江口司源斎 中区大須 若宮会会計
 5   未生流 小川  栄甫 熱田区金山町  
  八代流 杉本翠遊庵 守山区守山  
  村雲御流 若山花明軒 中区栄  
 8   松月堂古流 吉村静吉斎 稲沢市北島町  
  松月堂古流 小島鈴孝庵 昭和区福江  
10   亀井家
松月堂古流 
坂倉亀規庵 中村区大正町  
 11   村雲流 長戸昭清庵 中村区中島町  
12    嗣統家
松月堂古流
大鹿松鹿庵 中区松原  
 13   諸流雲水会 横井功翠庵 尾張旭市渋川町  
14   八代流 稲垣輝猪 愛西市須依町  
15   千秋流 川口紅清軒 熱田区幡野町 和浪会理事 総務
16   真道流 奥村静健斎 名東区西山本通  

↑ページトップへ