■ 八 代 流 ■

<敬称略>

家 元 設 立 代数 花型
稲垣輝猪 1775年 14世 生花
自由花

戻る

 八代流は流祖・橘湖斎白龍(早野兵藏紀泰光)が足利八代将軍義政公(1436〜1490)の教えの道を研鑽し、1775年初めて八代流を興し初代家元となる。以来家元13世を数え伝統ある花の奥義を極め現代に生かして精神を修養し人格の向上を目指している。
 伝統的風格、品位に充ちた生花(せいか)と感覚豊かな自由花を中心に暮しに夢を盛り込む花創作も多く、名古屋に生まれて230年余の流歴を誇っている。  

行 事

月日 名 称 会 場
29  5/14 いけばな展  八事山興正寺普照殿
1/29  新年会 千種区  ルブラ王山
1/21  万年青の会いけばな展 鶴舞公園緑化センター1階
26  9/28 13世大澤万香家元追善花展  八事山興正寺 
5/11 14世家元襲名披露〜
八代流いけばな展 
名古屋国際センタービル4階
昭和
36/5月
13世大澤万香家元継承。
1775  流祖橘湖斎白龍(早野兵蔵紀泰光)が足利八代将軍義政の教義を研鑽し
八代流を創流。初代家元となる。
 以来家元は十三世を数え、名古屋に生まれて230有余年の歴史を誇っている。