■ 木村表惠 ■

<敬称略>

名 前 創業 代数
木村表惠   2代

 漆芸家。初代表惠氏(明治41年〜平成9年)は京都漆芸家の高橋表清門下である名古屋の漆匠棚橋表光氏に師事し、表惠と名乗る。
 現在の二代目は初代を師として昭和38年より技術の習得、研鑽に励み、茶器、香合、菓子器などの作品を制作。金鱗会正会員。東海伝統工芸展は昭和61年に初入選以来7回の入選を果たす。隔年毎に丸栄スカイルにて個展を開催、好評を得ている。

戻る

行 事

月日 名 称 会 場
26 8/2 第9回金鱗会納涼茶会  八事山興正寺 
25 8/4 第8回納涼茶会  八事山興正寺
24  8/19 第7回金鱗会納涼茶会 八事山興正寺 
23 8/7 第6回金鱗会納涼茶会 名古屋美術倶楽部